ニューロテアニン

「認知力に新しいアプローチ」

ニューロンの前駆細胞である神経幹細胞を標的とするサプリに注目!!

「ニューロテアニン」は、金沢大学名誉教授 米田幸雄医学博士の長年の研究により開発された製品です。

最近の研究では成人の脳でも海馬における神経幹細胞の存在が分かっています。
神経幹細胞から未熟神経細胞、正常神経細胞へと移行することにより、記憶や判断等の正常な脳の状態が維持されることが研究で明らかになっています。

あらかじめ、神経幹細胞群をテアニンで処理すると、その後に幹細胞の持つ増殖能力とニューロン分化能力に対して、二重の促進効果が期待出来ます。

神経ネットワークの形成

私たちの体は、胚性幹細胞(ES細胞に由来する細胞)の増殖と分化の繰り返しによって作り出された、約40兆個の性質の異なる細胞集団から成り立っています。個体の働きを守るには、それぞれの細胞の間で常に密接な情報連絡をすることが大事です。中でも脳は特に重要な情報連絡を行っています。脳は約1兆個のニューロン(=神経細胞)とその数倍のグリア細胞(=神経膠細胞)を基本に作られていますが、各細胞はそれぞれ脳機能の維持に極めて重要な役割を演じています。

脳内のニューロンは、お互い密接に、かつ複雑に絡み合って情報連絡を行っていますが、その時には電流と物質が貴重な情報(=シグナル)を運んでいます。すなわち、同じニューロン内では電流で細胞の末端までシグナルが運ばれますが、次のニューロンへは物質がシグナルを運ぶことになります。こうして、ニューロン間にシグナルネットワークが完成することが、記憶をはじめとする色々な脳機能の出現と維持に必要不可欠だと考えられます

神経ネットワークの形成

ニューロンとニューロンのつなぎ目をシナプスと呼びますが、このシナプスでは神経伝達物質と呼ばれる物質がニューロンから放出されたのち、次のニューロンにそのシグナルが受け継がれます。

ニューロンとシナプス

そのために、どれかの神経伝達物質の働きに異常があると、脳内シグナル全体のバランスが崩れて、脳機能のどこかに異常が発生します。

ニューロンの脱落

健康人の場合でも、大体、20歳以降になると加齢に伴って毎日10万個以上のニューロンが脱落すると言われています。ただ、心の座でもある大脳皮質には、約140億個のニューロンが大過剰に存在するうえに、その3分の1以下のニューロンしか生涯にわたって利用されないと考えられています。ですから、高齢者には認知機能障害や記名力障害などの加齢症状は当然見られますが、高齢者だからと言って通常の日常生活には何ら不便を感じることはありません。

一方、原因は不明ですが、このニューロンの脱落速度が大きく加速されることが、認知症の発症と深くかかわりあっています。急速な脱落によって脳内のニューロン数が極端に減少すると、脳全体が小さくなる脳萎縮を生じます。

その時には、ほとんどの神経伝達物質の働きに異常が発生しますが、中でも特に記憶との関連性が高い脳内部位である海馬では、アセチルコリンやグルタミン酸などの働きに大きな変動が見られます。

例えば、アルツハイマー型認知症患者の死後の脳では、脳内の特定部位でアセチルコリン濃度が低下する事実が古くから知られています。このアセチルコリン濃度の低下を防ぐために、アセチルコリンの分解を阻害する薬物が、アルツハイマー型認知症の治療薬として現在、臨床使用されています。また、アセチルコリンを補充するための機能性食品等の開発も活発に行われています。

そのうえ、グルタミン酸はニューロンを破壊する活性を合わせ持つので、その活性を抑える薬物がアルツハイマー型認知症治療薬として新規に登場したのは記憶に新しいところです。

さらに、ニューロン脱落には細胞外でのアミロイドβタンパク質の沈着や、細胞内でのタウタンパク質リン酸化の関与が推察されるので、これらの異常タンパク質の制御を標的とする多くの研究が実施されています。

ニューロンの新生

脳内では、グリア細胞は増殖能力が高いので損傷を受けた後でも再生することが出来ますが、ニューロンは増殖能力がなくて損傷後は再生出来ないことは良く知られています。ところが、最近の研究では胎児期や発達期の脳だけでなく、成人や高齢者においても脳内のある場所では、増殖能力を持つ未熟な神経幹細胞が存在して、局所的にニューロンが新しく創り出される事実が証明されています。神経幹細胞は未熟な神経幹細胞の一つですが、その数を増やす再生能力を持つだけでなく、性質の全く異なる細胞に変化する分化能力を合わせ持ちます。記憶との関連性が高い海馬内の歯状回という特殊な場所では、成熟脳の場合でも神経幹細胞がたくさん存在して、活発にニューロン新生が行われる事実が分かってきました。

ニューロンの新生

また、神経幹細胞から分化する途中段階のニューロンは、元の場所から異なる場所へと移動する能力を持つことも分かっています。神経幹細胞は高い増殖能力を持ちますが、ニューロンだけでなくアストログリアやオリゴデンドログリアにも分化します。この分化能力は加齢とともに低下するので、特に高齢者の脳内ではニューロンを新生する速度が極端に遅いと考えられます。さらに、高齢者では先述のように加齢に伴って自然にニューロンが脱落しますが、脳梗塞や脳内出血、あるいはパーキンソン病やアルツハイマー病等を発症すると、ニューロンが加速度的に脱落する危険性が高まります。

このように、ニューロン自身には再生する能力はないのですが、神経幹細胞が存在する場所ではニューロンを新規に創り出すことが出来ます。

緑茶アミノ酸テアニン

緑茶の持つ旨味は、テアニン(β-グルタミルエチルアミド)と呼ばれるアミノ酸に由来しますが、このテアニンは昆布の旨味成分として発見されたグルタミン酸と類似の化学構造を持っています

緑茶アミノ酸テアニン

グルタミン酸は、私たちの体内のほとんどすべての細胞に存在して、エネルギー産生やアミノ酸代謝、あるいはタンパク質合成など、細胞の基本的な働きと構造の維持に必須のアミノ酸です。そのうえ、脳内では神経伝達物質としての働きとともに、ニューロンを壊す興奮神経毒としての二面性を持っています。ただ、経口的に体外から摂取されたグルタミン酸は、小腸粘膜細胞で大半が消費されて、門脈の血液中には出現しないと言われています。

一方、経口的に摂取されたテアニンは、グルタミン酸の場合とは異なって、容易に脳内に移行して、精神安定化効果があると報告されています。 そのうえ、緑茶中に高濃度含有されるカテキン類は、ポリフェノールの一種として抗酸化作用が強く、体内の活性酸素(酸化ストレス)を除去することで、色々な臓器の機能を改善すると考えられています。緑茶の示す健康保持効果は、従来から緑茶中に高濃度含まれるカテキン類やカフェインに由来すると考えられてきましたが、アミノ酸成分のテアニンが脳内の神経幹細胞に働いて、増殖能力を高めるとともに、ニューロン新生を促進することが突き止められました。

テアニン摂取への期待

テアニンが存在すると、神経幹細胞の再生能力が亢進してその数が増えるだけでなく、テアニンで増加した神経幹細胞はその後、ニューロンになりやすい性質を獲得すると考えられます。

緑茶アミノ酸テアニン

テアニンは、未熟脳内や成熟脳内において神経幹細胞の活性化を通じて、ニューロンの新生速度を加速することが出来、もともと脳内にわずかしか存在しない幹細胞への二重の促進効果によって、脳内の新生ニューロン数が少しずつ増加します。 しかし、色んな症状に対する改善効果が出現するには、テアニン摂取を始めてからかなりの時間を要すると思われます。

ニューロンの脱落を伴う神経変性疾患だけでなく、ニューロン脱落がほとんど見られない神経精神疾患に対しても、緑茶アミノ酸であるテアニンを継続的に摂取すると、脳内ニューロン総数の増加を通じて、予防的あるいは治療的な改善効果をもたらすと期待されます。

加齢とともに神経幹細胞は減少します。また、正常神経細胞への分化にも時間がかかりますので長くご愛用していただくことをお勧めします。
長くご愛用いただくために、のどに詰まらないよう、微発泡の飲み易いチュアブルタイプの柚子味に仕上げていますので美味しく召し上がっていただけます。

商品詳細

製品名 ニューロテアニン
名称 テアニン含有食品
内容量 30g (500㎎×60粒)
原材料名 マルチトール、柚子果汁パウダー、 澱粉、エリスリトール /酸味料、重曹、テアニン、ステアリン 酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、香料、甘味料 (ステビア)L-グルタミン、L-ロイシン、L-イソロイシン、 V.B1
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存して下さい。
栄養成分 2粒当たり エネルギー: 3.66 kcal / たんぱく質: 0.135g / 脂質:0.023g / 炭水化物:0.729g / ナトリウム: 35.83mg / (食塩相当量):0.0091g
お召し上がり方 万一体質に合わない場合はご利用を中止して下さい。
薬を服用或いは通院中はお医者様と相談の上お召し上がり下さい。開封後は賞味期限に 関わらずなるべく早めにお召し上がり下さい。
ビタミンB1は炭水化物からのエネルギー生産と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
本品は多量の摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。1日の摂取目安量を守ってください。

ニューロテアニン

価格: ¥5,400 (本体 ¥5,000、税 ¥400)
[ポイント還元 54ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷不可日

ページトップへ