コラム

当ショップの6つの特徴



認知機能維持のためのアイテムや、在宅介護をサポートするサプリメント、食品、グッズなどが充実しています。介護される方も介護をする方も、なるべくストレス軽減していただけるような商品をセレクトしています。



医療機関向けに開発されたドクターズサプリを、ご自宅でも購入できるよう充実した品揃えを目指しています。



当ショップで取り扱っている医療機関向け開発サプリメントは、各分野の権威の先生方にアドバイスをいただき開発された製品です。現在考えられる最高品質の原材料を効果が最大化する組み合わせに基づいて処方するとともに、各原料の特性や、他の素材との組み合わせによる相乗効果を検討し、よりご実感いただけます。



健康のために毎日飲み続けるサプリメントは、 安全・安心の品質であることが非常に重要となります。 数あるサプリメントの中でも、原料の由来原料やその製造工程、残留農薬など、様々な試験や検査、分析をクリアしている、安全性と品質が保証されている原料のみを使用している、信頼のおける商品をセレクトしています。



ユーザーの皆さまからのご質問にもしっかりお応えできるよう、私達も日々、リサーチを続けています。またそれにより、よりよい商品や新商品の情報も的確にお伝えしてまいります。


高品質なために高価格になりがちな商品を、オンラインショップのみで取り扱うことにより、リーズナブルな価格で提供しています。また、環境に配慮した梱包など、無駄を省いてお客様にとって便利なショップであり続けるよう取り組んでいます。

老化とは~老化について学ぶ~

日本デトックス コラム 老化とは~老化について学ぶ~

私たちは、生まれてから、成長し、成熟期を過ぎ、最後には活力がなくなり死に至ります。
この過程を加齢(かれい)といい、加齢そのものを老化といいます。

老化は、遺伝子に異変がおきる、細胞機能が低下する、フリーラジカル(活性酸素)によって体が酸化する、免疫力が低下する、ホルモンレベルが低下するなどの原因によって起こります。具体的に言うと脳の萎縮や血管障害,心臓の機能の低下や動脈硬化、高血圧症、歯や眼の退化、また記憶や学習など能力の低下についても見られます。

血管が酸化すると、血管が固くなり弱くなります。また、細胞核が酸化すると、ガンになります。
ウイルス性以外の病気の原因はからだの酸化で、アンチエイジングとは老化を防止ということです。

細胞が酸化されると、細胞に有害なサビ(老化・変質物)が生成し、それが身体の各所に悪い影響を及ぼします。
アンチエイジングを実践するためには
抗酸化、カロリー制限、ストレスを溜めない

抗酸化、カロリー制限が注目を集める簡単なようでも、継続するのは難しいことです。多忙な仕事やストレスのせいで実践できず、血糖値や血圧コントロールが上手くいかない、疲れやすいなどの不調を抱えている方も多いようです。

食事や運動に気を使っていても、精神ストレス、食品添加物、有害金属、大気汚染、放射能など体をさびつかせ、エイジングを加速させる酸化ストレスの原因があらゆるところに潜んでいます。

だから健康とアンチエイジングのために上手にサプリメントを摂っていくことも大事なことです。
カロリー制限による寿命延長効果
今、レスベラトロールの注目点
レスベラトロールの注目点は、非常に優れた抗酸化作用を持つだけでなく、長寿遺伝子サーチュインを活性化することにより、カロリー制限と同等の効果を期待できることです。

今、アンチエイジングの鍵をにぎる
「レスベラトロール」は長寿研究から発見されました。
「サーチュイン」は老化や寿命が大きく関わる遺伝子で、私たちの中にもあり、ふだんは眠っていますが、「適度な運動」「腹八分目の食事」によって目覚めさせることのできる健康長寿の鍵となります。
レスベラトロールは、「適度な運動」「腹八分目の食事」と同じ効果をもたらすとされましたが、実は、摂取量が問題。目的に合わせて摂取量を変えるのが正しい使い方です。

「トランス型」の方が抗酸化作用が高く、吸収されやすい
レスベラトロールにも「単量体」のものと「レスベラトロール類」のものがあります。
抗酸化作用を持ち、長寿遺伝子サーチュインを活性化するのは、単量体の「レスベラトロール」です。
また、「レスベラトロール」には「シス型」と「トランス型」の2種類があります。紫外線や熱に強く、安定した性質を持っているのが「トランスレスベラトロール」、熱や紫外線などによって不安定な状態になり、酸化しやすいのが「シスレスベラトロール」です。

高濃度のレスベラトロールをとることがおすすめ
そして、今 注目されているのが「プテロスチルベン」。
同じ量を摂取していても、レスベラトロールの3倍の効果が得られ、体内の滞留時間が長いので効果が持続する時間が長いということがわかってきました。
血糖値抑制作用、抗炎症作用、抗酸化作用、認知機能促進作用(動物実験による)が確認されています。

「レスベラトロールの真実」坪田一男 澤登雅一 著   ディスカヴァー携書 参照

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷不可日

ページトップへ